該当箇所へ

‟統合と自動化”
DXによる研究開発の効率化 

ユーザー

研究開発チームの分散、組織体制のグローバル化、ラボオートメーションの促進、CROやCDMOへのアウトソーシングの増加により、膨大かつ複雑で多様なデータを一元的に保存、統合、処理、解釈する必要があります。バイオファーマ企業は、研究開発の効率化、データの品質と整合性の確保、事業の継続性を保証するために、組織全体の研究開発プロセスを統合し、データの保存と解析への需要の高まりに対応する拡張性の高いデジタルプラットフォームを必要としています。

このような課題には、Genedataソリューションが最適です。

デジタルトランスフォーメーションの加速

Genedataは、研究開発ワークフロー全体の統合、ラボ業務とデータプロセスの自動化、そして全てのプロセスの一元管理が可能なプラットフォームを提供することで、意思決定に関わる全ての重要情報を組織全体で容易に記録、処理、解析、アクセス、活用できるよう支援しています。これにより、組織の規模に関わらず、最適な医薬品候補の同定、研究開発プログラムのリスク軽減、細胞療法・遺伝子療法・RNAなどの新しい研究開発技術の確立、複雑な遺伝子マーカーに基づく臨床試験に最適な患者群の選択、最も経済的な製造プロセスの開発などを可能にします。 

データインテグリティとコンプライアンス

データインテグリティとコンプライアンスは、あらゆる製薬研究開発業務にとって重要です。Genedataプラットフォームは、FDAが施行する21 CFRやGxP、それに関連するEMA(EU GMP Annex 11)、MHRA、PMDA、その他世界中の規制当局による規制要件に準拠して開発されています。Genedataとのコラボレーションによって、データの品質とセキュリティが保証され、データインテグリティ問題のリスクが排除されます。規制要件に沿ったデータセキュリティ、データプライバシー、IP保護、データインテグリティによる最高のQA標準を備えたGenedataプラットフォームは、GxP環境とnon-GxP環境の双方における研究開発業務で広く使用されています。

パートナーシップの実績

Genedataプラットフォームは、バイオ医薬品研究開発のNo.1エンタープライズソフトウェアソリューションとして、業界のベストプラクティスに基づいて開発されており、導入後すぐに使用できる一般的な研究開発プロセスをテンプレートワークフローとして搭載しています。世界トップ20の全てのバイオファーマ企業で使用されており、バイオ医薬品の研究開発ワークフローとデータ管理の業界スタンダートとして認識されています。ユーザーと密に連携し、バイオ医薬品関連のテクノロジーリーダーとオピニオンリーダーからなる先進的なコンソーシアム(著名な研究者とIT専門家の分野横断的専門家集団)を形成し、Genedataプラットフォームの開発促進とベストプラクティスの情報共有を行っています。大手製薬企業、細胞・遺伝子治療(CGT)やワクチンの先進企業、バイオテクノロジー企業、CRO、CDMOなどがGenedataによって研究開発のデジタル化に取り組んでいます。

ユーザー事例

Bayer

初の商用データ管理ソリューション

"Genedataとのバイオロジクスデータプラットフォームの共同開発は大変順調です。このような商用データ管理ソリューションは、タンパク質治療薬の分野には全くありませんでした。"

Kymab

柔軟なビジネスモデルで中小企業も活用可能

"Genedataの柔軟なビジネスモデルのおかげで、当社のような規模の会社に適した条件でGenedataのユニークな技術を活用することができます。"

UCB

一元的なレジストリ&データ管理プラットフォーム

"Genedataは、既存の研究IT環境とシームレスに連携でき、自動化・標準化・統合によってプロセス全体をサポートします。"

Pfizer

柔軟なアーキテクチャでカスタマイズを可能に

“Genedata Biologicsを選んだ理由の一つは、単一のプラットフォームでプロセス全体に対応できるためです。当社の要件は、ファイザーの持つ高分子プロセスやテクノロジーといった多様な要素を一つの統合されたシステムでサポートすることだったんです。”

ご関心をお持ちですか?

お問い合わせ