該当箇所へ

バイオ医薬品研究開発
のデジタル化

Genedata Biopharma Platformは、バイオ医薬品研究開発におけるオペレーションの成功を実現するNo.1エンタープライズソフトウェアシステムです

詳細

顧客

  • 技術革新と効率化
  • 科学的知見
  • 125社以上の実績
  • 20年以上の経験
  • グローバル

Genedataは1997年の創業以来、バイオ医薬品研究開発の変革を後押ししてきました。Genedata Biopharma Platformは研究開発プロセスをデジタル化し、スループットとデータ品質を向上することで、研究開発ワークフロー全体を効率化します。

信頼と実績

Genedata Biopharma Platformは、多くの大手グローバルバイオファーマや先端バイオテックから信頼を受けているソリューションです。

製剤の種類やモダリティに関わらず、複雑なプロセスを自動化し、コストの大幅な削減、ワークフローの加速、そして総合的な生産性の改善を支援し続けています。

革新的アプローチ

Genedata Biopharma Platformは既存の電子実験ノート(ELN)あるいはラボラトリ情報管理システム(LIMS)と異なり、ワークフローの統合、研究開発オペレーションの自動化、ボトルネックの排除、そしてコラボレーションの推進を実現し、効率化とイノベーションの原動力となる次世代プラットフォームです。

ビジネスロジックを組み込んだオープンアーキテクチャにより日常業務を簡素化し、組織全体で研究結果を活用することで、新規研究開発技術やワークフローの確立を後押しします。

AIの活用

新たなロボットシステムの導入や研究の自動化は、キャプチャ・処理・解析される実験データの量を大幅に増加させました。本当に拡張性のあるプラットフォームのみが急激に増加するデータ量を管理でき、次世代AIや機械学習(ML)技術の活用を促進させます。

深層学習(DL)などのAI技術では、将来の研究開発プロジェクトの指針となるパターンを抽出するために構造化されたデータへ体系的にアクセスする必要があります。構造化されていないデータレポジトリはたとえ一元管理されていても、データの意味を理解することはできません。完全に構造化されたデータインフラのみが、研究開発オペレーションを変革できます。

変革を支えるサービス

Genedataは多様なコンサルティングサービスならびにプロフェショナルサービスを提供しています。これらはプラットフォームの最適な設定や利用を円滑にし、オンプレミス(自社運用)あるいはクラウド(SaaS)にてベストプラクティスの採用を容易にします。

サービス詳細

最新のお知らせ

下記より最新のプレスリリース・ポスター・ケーススタディをご確認いただけます。研究開発のデジタル化にご関心をお持ちの場合は、「お問い合わせ」より直接ご連絡ください。

スマートな技術で、よりスマートなプロセスを

製品