該当箇所へ

Genedata Screener 18.0 リリース

質量分析、PROTAC、Slow-bindingアッセイなど-新しい複雑なアッセイのデータ解析を効率化・自動化するバージョンをリリース

June 15, 2021
Basel, Switzerland

スイス・バーゼル、2021年6月15日-Genedataはこの日、in-vitroスクリーニングアッセイデータを自動解析・可視化・管理するエンタープライズソフトウェアソリューションGenedata Screener®の最新バージョン「Genedata Screener 18.0」をリリースしました。

Genedata CEO Dr. Othmar Pfannesは次のようにコメントしています。「(データ解析ワークフロー全体を自動化する)Screener 18 は、新しい複雑なアッセイのワークフローにおけるボトルネックを解消するための大きな一歩です。」

本バージョンは、2021年6月30日(水)英語開催「What’s New in Screener 18」、2021年7月1日(木)日本語開催「Genedata Screener 18 リリース:新機能紹介」の各ウェビナーにてお披露目されます。

Genedata Screenerは、解析規模に関わらず、最先端のテクノロジーを活用した次世代の治療法の研究開発をサポートします。最新バージョンでは、Proteolysis-targeting chimeras(PROTACs)やSurface plasmon resonance(SPR)を用いた抗体の特性評価など、幅広いモダリティに引き続き対応しています。また、Genedata Screenerは複雑なアッセイデータ解析のプロセスを自動化することで、特定アッセイの専門家を必要とせず、それに紐づくコストを削減します。例えば、最新バージョンでは薬剤候補の作用機序を判断するSlow-bindingの解析を自動化し、完全に人の手を介さない解析が可能になります。自動化のメリットは他にもあり、Genedata Screenerはデータ品質のバリデーションを自動化することで、解釈の偏りを効果的に排除し、データに基づく意思決定の質向上も促します。

Genedata Screener 18は、使用する機器に関わらず、質量分析スクリーニングの膨大なアウトプットと高いコスト効率を活用できるようになりました。Screenerによって、生の質量分析スペクトルのインポートから最終結果のレポート作成まで、断片的なワークフローを一つのソリューションに集約させることができます。質量分析に特化した解析のための拡張可能かつ最適化されたアルゴリズムは、大規模スクリーニングや高特異性で情報量が豊富な質量分析アッセイの解析を高速で実施します。これらのユニークな機能は、質量分析スクリーニングを効果的かつ効率的に研究開発組織全体へ展開します。

Genedata Screener 18では、トップクラスのバイオファーマやCROで実施されている新しいモダリティであるPROTACスクリーンもサポートしています。高度な計算方法を利用し、PROTACアッセイの解析を迅速化・自動化することで、容易に実施量を増やすことができます。これらの分子を独自に自動解析することで、解析時間を大幅に短縮するとともに、データの質を向上させ、研究プロセスにおけるPROTACの最適化を図ることができます。

Genedata Screener 18の主な新機能は以下の通りです。

  • ScreenerとSophion Bioscience Qube 384・QPatch IIの直接連携による電気生理学スクリーニングのサポート拡大
  • 結合強度による抗体の特性評価実験を迅速化する新しいSPRの解析機能
  • 「Assay Catalog」によるアッセイ定義の設定やバージョン管理、「Hit Profiler」による実験した分子の全アッセイ情報の一元管理とヒットトリアージュの実施
  • データサイエンティストやIT担当者が変化する研究開発ニーズへ容易に対応できるよう、Screener内で独自の計算式やインテグレーションの設定が可能に

Othmarは次のようにコメントしています。「Screener 18は、複雑な解析ワークフローのデジタル化・自動化を推進している革新的な研究開発組織をサポートするという、Genedataの深いコミットメントを反映しています。私たちは、命を救う新たな治療法の研究開発を加速させるために、ワークフローのボトルネックを解消し、障壁を取り除くことで、自動データ解析の水準を高め続けています。」

 

※以下のウェビナーにて、Genedata Screener 18の新機能を紹介予定です。

【英語】2021年6月30日(水)Session 1Session 2

【日本語】2021年7月1日(木)13:00~14:00 JST 
 詳細はこちら:https://attendee.gotowebinar.com/register/1531412305491274509


Screener 18 は、新しい複雑なアッセイのワークフローにおけるボトルネックを解消するための大きな一歩です。