該当箇所へ

Genedata Expressionist 15.0 リリース

バイオ医薬品の研究開発から品質管理までの質量分析業務を自動化し、Multi-Attribute Methodワークフロー各工程における重要な要件へ対応したバージョンをリリース

March 11, 2021

スイス・バーゼル、2021年3月11日- Genedataはこの日、各種質量分析(MS)装置や解析プロセスを利用したMS業務を効率化・自動化する業界唯一のエンタープライズソフトウェアソリューションGenedata Expressionist®の最新バージョン「Genedata Expressionist 15.0」をリリースしました。

Genedata Expressionist 15.0は、Multi-Attribute Method(MAM)ワークフローにおける上流工程の緻密な特性解析から下流工程のターゲットCQAモニタリングまでを、単一のプラットフォームで統合可能なEnd-to-Endソリューションです。Genedataは、バイオファーマ業界のMAM活用を先陣を切って推し進めており、今回のアップデートはその大きな一歩となりました。

Genedataは、ソリューションの継続的な技術革新と適用拡大に取り組み、バイオファーマ業界の革新的なリーダーとのパートナーシップによりGenedata Expressionist 15.0を開発しました。本バージョンの主なアップデートは以下の通りです。

  • CQAモニタリングを自動化する全く新しいソリューションの導入
  • 開発から製造へ、開発から品質管理へのメソッドトランスファーの効率化・簡素化
  • 上流下流工程のデータ統合とMAMプロセス全体の自動化

革新的なデータ処理機能が実装されているGenedata Expressionistには、新しく抽出イオンクロマトグラム(XIC)ベースのアプローチへ対応しました。これにより、標準化された環境における品質モニタリングプロセスの自動化の鍵となる、簡便・堅牢・正確なターゲットCQAの定量化を実現しています。

また、Genedata Expressionist 15.0は、緻密な特性解析から、ノンターゲットの品質特性の同定、新たなピークや未知物質の高度な検出、そしてターゲットCQAモニタリングまで、MAMプロセスの各工程に対応したカスタマイズ可能なテンプレートワークフローを用意しており、ユーザーは容易に導入・利用開始することができます。

Genedata CEO Othmar Pfannesは次のようにコメントしています。「Genedataは複雑な研究開発ワークフローをデジタル化することで、顧客のプロセスにおけるデータ解析の効率化、データ品質の向上、リスクの最小化を実現します。Genedata Expressionist 15.0が提供するEnd-to-EndのMAMソリューションは、Genedataが急速に成長するバイオファーマ業界のユーザーと密接に連携し、研究開発から品質管理までにおける重大なボトルネックの解消に注力していることを、さらに実証するものです。」


Genedata Expressionist 15.0が提供するEnd-to-EndのMAMソリューションは、Genedataが急速に成長するバイオファーマ業界のユーザーと密接に連携し、研究開発から品質管理までにおける重大なボトルネックの解消に注力していることを、さらに実証するものです。