Genedata Screener

HT-Flow

HT- Flow何十年もの間使用されている手法のフローサイトメトリーは、特に近年、オートメーション化の進歩によりスループットが大幅に改善しています。現在 のハイスループットフローサイトメトリー(HT-フロー)のキャンペーンでは複数のパラメータを検出し、数千細胞から成る数千サンプルの物理的および生化 学的状態を測定し特徴づけます。Genedata Screener®はそのようなセットアップをサポートし、cell-levelおよびwell-levelのデータにインタラクティブにQCを行い、 キャンペーン全体の分析を1回のセッションで可能にします。

Screener for HT- Flowは分析ワークフローを標準化、および自動化することが可能です。Screenerは一度にキャンペーン全体を通してのウェル、化合物、およびプ レートレベルの結果概要を出力でき、実験間の比較を簡易化します。またインタラクティブなデータ表示と分析の最適化を単一細胞レベルから化合物レベルまで 可能にします。データは任意のHT-Flow機器から取り込むことができます。

HT-Flow機器からのデータの読み込みとコンペンセー ションが可能です。ゲーティング、データ集約 (aggregation)、及び結果計算はすべてScreener内で行います。いつでも結果に即座にアクセスでき、インタラクティブにデータプロセッ シング設定の変更が可能であり、またその変更による結果は瞬時に結果のテーブルで確認できます。

Instruments
サポート対象の機器の一覧

Genedata Screener easily integrates with leading HT-Flow platforms to create single-point access to all data. Out of the box, Genedata customers can analyze data written in FCS3.1 standard format. Current customers use the following instruments (and support for other instruments is easily added):

  • IntelliCyt® iQue® Screener (Genedata Ready-to-Run)
  • IntelliCyt iQue Screener HD (Genedata Ready-to-Run)
  • IntelliCyt iQue Screener PLUS (Genedata Ready-to-Run)

Resources
Click to download directly or to request locked material

Poster

Poster

Brochure

Webinar