該当箇所へ

ウェビナー動画:特性解析から品質管理まで、Multi-Attribute Methodプロセス全体をサポートする統合ソフトウェアプラットフォーム

※本資料は、2021年5月5日(水)にグローバル開催されたウェビナーのオンデマンド動画(英語・字幕付き)です。日本語でのご案内をご希望の方は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

2019年に初めてMulti-Attribute Method(MAM)プロセスを用いて開発された医薬品の申請がFDAによって承認されて以来、MAMを活用した開発・製造プロセスの効率化を目指すバイオファーマが年々増加しています。Genedataは、初期からのMAMコンソーシアムメンバーとして、バイオ医薬品業界におけるMAMアプローチの導入を主導してきました。これまでの実績や領域における知見・専門性を活かし、パートナー企業と緊密に協力しながらGenedata ExpressionistのMAM機能の開発を続けることで、MAM導入時にファーストチョイスのソフトウェアとなるよう努めてきました。

Genedata Expressionistは、単一のソフトウェアプラットフォーム内で、詳細な特性解析から重要品質特性モニタリングまでのMAMプロセス全体をサポートしている唯一のソリューションです。本ウェビナーでは、MAM機能をさらに拡げる、新たな自動化品質モニタリングアプローチをご紹介します。

主なトピックス
  • CQAモニタリングの自動化のための全く新しいソリューション
  • 開発から製造、そしてQCへのシンプルで効率的なメソッドトランスファー
  • MAMプロセス全体の自動化を実現する上流下流工程のデータ統合
関連キーワード
  • バイオ医薬品、特性解析、品質管理、QC、品質モニタリング、重要品質特性、CQA、質量分析、MS、自動化、デジタルトランスフォーメーション、Dx
スピーカー
  • Aude Tartière, Scientific Account Manager, Genedata Inc, San Francisco, USA
  • Sally Deeb, Scientific Account Manager, Genedata GmbH, Munich, Germany
  • Jonathan Jones, Business Development, Genedata Ltd., Cambridge, UK

資料をリクエスト

本フォームを送信することで、Genedata プライバシーポリシー に従い個人情報が収集・利用されることへ同意します。