Genedata Screener

Cross-Assay Processing and Compound Profiling

薬物研究が創薬プロセスの早い段階においてより良い効力、ヒット、リードの特性付けを行う動きをしている中で、複数、しばしば複雑なスクリーニングの実験のデータを取得し一緒に解析する必要性が増している。Genedata ScreenerのCross-Assay ProcessingとCompound Profilingでは、関連する一連のアッセイのデータの確認や再処理、結果の検索、そしてスクリーニングテクノロジーをまたいで化合物の体系的に評価が可能です。また異なるアッセイテクノロジー間の相関の特定、膨大な化合物セット間の活性や傾向を明らかにし、さらなる実験に進む有望な化合物のみを含む適切なヒットリストを作成します。典型的な用途はcross-assay実験、選択的なパネルスクリーンやカウンタースクリーンの解析、そしてハイコンテントスクリーニング(HCS)における表現型への影響の解析が含まれます。

ScreenerのCross-Assay ProfilingとCompound Profilingは、既存のGenedata Screenerに簡単に追加できます。

利点
ソフトウェアを超えて

Genedata Screenerクロスアッセイ処理および化合物プロファイリング機能は以下を提供:

  • ソースまたは技術に関係なく、複数の実験間でのアッセイ結果の比較
  • 実験的または化学的観点における生物学的結果の可視化と比較
  • 複数のデータカテゴリに基づく化合物の構成とフィルタリング
  • 企業のすべての化合物に関する知識を集中管理

 

 

Resources
Click to download directly or to request locked material

Product Sheet

Poster

Poster