Genedata Screener

Ion Channel Screening

機 器のテクノロジーの発達がイオンチャンネル調査における劇的なスループットの向上をもたらしている一方で、同時にデータ解析における新たなボトルネックが 発生しています。Genedataのイオンチャンネル向けモジュールはこれらのボトルネックを、同時に何枚ものプローブを、たとえ複数のプレートにまた がっていてもひとつのセッション内で同時に解析することで対処します。Genedataイオンチャンネルスクリーニングは最新のイオンチャンネル機器をサ ポートし、スケーラビリティと自動化されたデータ解析フレームワークを提供することで最大95%までデータ処理と解析時間を削減し、実験解析を1時間未満 に完了することを可能にします。

Genedata Screener for Ion Channel Screening は既存のスクリーニングインフラを統合できるスタンドアローンソリューションとして設計されており、既存のGenedata Screener にごくわずかな処理を加えるだけで導入することができます。

Instruments
Selection of Supported Instruments

Genedata Screener は広く使用されているイオンチャンネル機器を統合し、シングルポイントへのアクセスですべてのイオンチャンネルデータへのアクセスを可能にします。Genedataのお客様は以下の機器からデータをインポートすることが可能です:

  • MD IonWorks Quattro - ライブラリーから直接実施されたHTSによるプライマリースクリーニングで得られたHitに対するセカンダリースクリーニング向けに設計されたプレート ベースシステム。初期の段階で安全性のプロファイリングや薬効薬理調査を可能にします。
  • MD IonWorks Barracuda -リガンド依存および電位依存で開閉されるイオンチャネルの両方を測定可能なハイスループットかつ低コストな自動パッチクランプシステム。
  • Fluxion IonFlux – イオンチャネルドラッグスクリーニングと薬理における電器生理学的アプローチの範囲に対応したフローベース機器。hERG, および機能発現、変異に関するスクリーニング

Benefits
Beyond Software

“Screener は他の方法では試験できない未開拓な生物学的領域にアクセスする助けになります。”

Dr. Christian Hassig, Director of Drug Discovery at the Conrad Prebys Center.


  • 解析時間を削減:完全な双方向性が1ウェルにつき100,000以上のデータポイントを有する現在の波形の読み込み、分析、可視化の迅速な実施、および複数のプレート内、あるいはプレートを横断した解析結果の比較が可能。
  • 波形を可視化:完全な波形表示;ウェル内の選択されたプレートとスクリーン環境;インタラクティブに興味箇所を定義、調整;現在の波形の表示;複数のウェルに対するボルテージプロファイル;現在の/電位軸のオンタイムな拡大縮小表示。
  • 解析結果の最適化;異なるアグリゲーションルールの容易な作成と統合(例、ビルディングブロック法)によるアッセイデベロップメントにおける解析プロトコル構築時間の劇的な加速。異なる解析手法が併行して実行され、ダイレクトに比較することが可能。
  • 統合されたビジネスロジック;スクリーニングに特化したビジネスロジックとGenedata Screener に統合されたイオンチャンネル実験向け解析ツールによる機能性
    以 下の機能が使用可能:プレートQC;トレンド表示, 高度な統計, マスキングおよび訂正機能をもった信頼性の高いクオリティ評価; 解析結果の複製;Dose-Response Curve フィッティング;オリジナルの波形のプロットを含めたHitと解析結果のレポート

Resources
Request resources marked with * to view them

Product Sheet

Application Note

Brochure

Poster

Poster

Poster

Webinar

Webinar