該当箇所へ

HTS、自動化、データ管理

最新かつ標準的なアッセイ技術に対応した信頼できる解析結果

Genedata Screenerは、プライマリースクリーニング~ヒットバリデーション~リード開発まで、生化学的・生物物理学的アッセイや細胞アッセイの研究規模拡大に貢献します。ハイスループット質量分析といった新規ラベルフリー解析などの最新のスクリーニング分野にも対応しています。

現在、End to Endの自動化やデータ駆動型の研究がトレンドとなっており、未来のスクリーニングは今以上に高速かつ容易になることが予想されます。Genedata Screenerは、リアルタイム解析、レポート作成の効率化、組織全体で使えるアッセイカタログによる解析結果へのアッセイ系情報のアノテーションといった機能により、スクリーニングの未来を開拓していきます。

Biochemical and Cellular Assays in Genedata Screener

生化学的・細胞アッセイ

現代のハイスループットスクリーニングは、標的ベースの生化学的なスクリーニングによって実施されています。Genedata Screenerは、吸光度や発光・蛍光のエンドポイントアッセイといった生化学的アッセイに対応しており、FLIPRやレポーターアッセイなど、生きたままの細胞からのシグナルを測定する情報に富んだアッセイを扱うことも容易です。さらには、シングルポイントならびに時系列データの処理も、プレートベースのスクリーニングで最適化できます。

  • Z’ファクターのようなQCの測定で重要な値を自動計算
  • 業界標準のプレートリーダーからデータを直接取り込み
  • 時系列測定実験の生データのグラフを容易に閲覧、重ね合わせやグラフを使い自動計算・フィッティング
High Throughput Mass Spectrometry Screening with Genedata Screener

ハイスループット質量分析(HT-MS)

質量分析で扱えるサンプル数の劇的な向上により、これまでと比べ物にならない規模でスクリーニングを実施できるようになりました。質量分析はラベルフリー解析として、アッセイ系構築の時間とコストを削減するだけでなく、これまで検出が困難だった酵素反応や細胞内代謝などの情報を高解像度かつ大量に出力することができます。Genedata Screenerは、以下の機能を提供しています。

  • Acoustic Ejection Mass Spectrometry (SCIEX Echo-MS®)やpulsed MALDI-TOF (Bruker rapifleX PharmaPulse®)など、最新のHT-MS機器のデータを容易に解析
  • ピーク検出、定量、検索など、スペクトラム解析を完全自動化
  • プレート単位の結果可視化や化合物単位の結果統合によりQCを加速

Genedata のソフトウェアがAstraZeneca社の革新的な「Acoustic mist ionization MS技術」の能力を最大限に引き出した事例はこちら

High Throughput Electrophysiology in Genedata Screener

ハイスループットイオンチャネルアッセイ

創薬標的ならびに毒性試験の対象として重要なイオンチャネルのアッセイは、オートパッチクランプによって細胞レベルで高解像度かつ大規模に扱うことができます。イオンチャネルアッセイ機器の革新によりスループットが大幅に改善した一方で、それらのデータの解析がアッセイ全体のボトルネックとなっています。

このボトルネックを解消するのが、Genedata Screenerのイオンチャネルスクリーニング機能です。最新のイオンチャネルアッセイ機器にも対応しており、以下の機能を提供しています。

  • 複雑なデータ正規化や、数百万の化合物を扱うパッチクランプアッセイから出力される時系列データの統合・フィッティングを自動化することで、データの取り扱い・解析に要する時間を最大95%削減
  • 解析ワークフロー内の任意の時点で臨機応変に計算内容を調整し、下流の結果に反映することで、再現性が担保された高品質の解析を実施
  • イオンチャネルアッセイの時系列グラフを解析結果と並列で表示、あるいはプレート上に一覧で表示することで、QC・評価を加速

Genedata Screenerは、Pfizer社Genentech社などで100万におよぶ化合物を扱うハイスループットパッチクランプスクリーニングを自動化・効率化しています。

リアルタイム解析

駄目な試薬や分注の失敗を確認するために、ランが全て終了するまで待っていた経験はありませんか?それが、機器から出力されたデータを即座に解析、全ての結果を一つの画面で確認し、エラーが起きたら直ちに機器を停止できるとしたら。あるいは、既に十分な数のヒット化合物が集まっていれば、直ちに測定を終了し、次のステージへ移行できるとしたら。コストと時間を削減することができます。Genedata Screenerは、以下の機能を提供しています。

  • 測定機器からプレート1つが終わるごとに解析画面を立ち上げ解析を実行
  • クオリティー管理画面でアッセイの状況を確認、実験において緊急事態が発生した場合にメール通知を受信
  • 最終結果をリアルタイムで確認できるため、デザイン~解析~合成~テストのサイクルを短縮化
Genedata Screener Reporting

効率的なレポート

実験結果をデータウェアハウスへ転送することで、データをセキュアに管理するとともに、組織の研究者全員へ共有し、各プロジェクトに必要な情報を必要なタイミングで確認することができます。CROとの連携が増えていることで、こういった情報共有はさらに複雑化し、さらに重要になってきています。そんな中、ソフトウェアやExcel間のデータの往復を続けていては、適切なレポート作成が妨げられ、時間とコストの無駄が膨らんでしまいます。Genedata Screenerは、レポート作成を単純化・標準化することができます。Genedataのコンサルティングチームが貴組織と連携し、現状のレポート作成ワークフローを分析の上、効率化・最新化します。現在、以下の機能を提供しています。

  • 解析画面から直接データウェアハウスへレポート、あるいはワンクリックでPDF・Excelへエクスポート
  • 面倒なコピーペースト作業を効率的でシンプルなワークフローへ置き換え

CRO・製薬企業間の実験結果の共有を可能にするデータ送受信システムや共有サーバーなど、安全性と利便性が高いオプションを複数用意しています。

Assay Catalog Genedata Screener

アッセイ登録・管理システム

実験データの解析結果を正しく解釈するためには、結果の数値やグラフだけでは往々にして不十分で、生物学的な背景や実験条件の情報が必要になります。しかしながら、メタデータが適切に管理されていないあるいは設定されていない場合、情報を確認することができず、特に忘れ去られた過去のデータにおいては、全て無価値なものとなってしまいます。こういった事態を避けるため、Genedata Screenerとアッセイカタログを連携し、以下の機能を提供しています。

  • アッセイとその結果に対して組織内で統制された語彙と標準化したプロトコルを用いてラベリング・管理することで、後の意思決定時に簡便に検索・解釈
  • 全てのアッセイをアノテーションし、必要な全てのパラメーターを解析直後にレポートすることで、レポートの統一と情報消失の回避を実現
  • データウェアハウスに保管される全ての実験結果を適切に管理することで、将来AIなどを組織全体で最大限に活用できるよう備える
Compound Profiling in Genedata Screener Hit Profiler

化合物プロファイリング

スクリーニングは複数ステージにまたがって行われ、化合物ライブラリーの全てあるいはその一部に対して様々な実験を行います。これらのデータを収集した後、最も効率的に化合物データの検索や評価、上位のヒット化合物の選定をする方法は何でしょうか。マスターExcelファイルへコピーペーストするのでは時間や手間がかかり、人的ミスが発生する可能性も高くなります。その上、新たな実験結果を都度手作業で入力する必要があります。Genedata Screenerは、以下の機能を提供しています。

  • 異なる実験条件や実験系のスクリーニング結果を迅速かつ自動的にスプレッドシートへ統合
  • プロットとして重ね合わせたグラフや化合物の特徴をスクリーニング結果に付加
  • 化合物スクリーニング結果から簡便にレポートを作成
  • 化合物をフィルターで最終的なヒットリストへ絞り込み、共同研究者へ共有

その他のアプリケーション

Large Molecule Assays

高分子医薬研究

High Content & Multiplexed Assays

ハイコンテント/マルチプレックスアッセイ

Biophysical Characterization & Screening

生物物理学的スクリーニング

Pharmacological & Mechanistic Analysis

薬理学的解析、作用機序解析