該当箇所へ
Genedata Profiler | Applications

プレシジョンメディシンの推進

トランスレーショナル/クリニカルリサーチのデータに隠された相関を見出し、価値ある科学的知見を得る

詳細

より「スマート」な治験をデザインしましょう。既存薬の適用を拡大し、新しい治療法を開発し、新規バイオマーカーを見つけましょう。Genedata Profiler®はデータに基づいたGo/No Goの早期判断を後押しします。

Translational Research. Reversed.

基礎から臨床へ、臨床から基礎へ

Genedata Profilerは、基礎および前臨床データ全てを集約・活用し、臨床開発の成功率が最も高い候補薬剤の選定を促します。

進行中ならびに完了した臨床試験のデータを集約することでその後の治験の成功に役立て、薬効予測バイオマーカーを特定し、有害事象を早期に予測し、併用治療の最適な組み合わせを見つけることができます。あるいは、臨床データを基礎研究に役立て、新たな治療法をより早く開発することも可能です。

データを基礎から臨床へ、そして臨床から基礎へ。Genedata ProfilerでBedside-to-Benchtopを実現しましょう。

詳細
Go/No-Go Decisions. Data-Informed. Early.

データに基づいた
Go/No Goの早期判断

研究パイプラインの刷新・拡張・多様化を進める上で、創薬研究、前臨床開発、あるいは治験フェーズ1・2終了時のマイルストーンは、プロジェクトに重大評価を下す上で有用な「ゲート」としての役割を果たします。 

最善の判断を下すには、全てのデータを統括的に見る必要があります。薬物応答を探索する際、薬理作用を証明する際、あるいは薬効特性を理解し有効性・安全性を示す際、Genedata Profilerを利用すれば、全てのデータを一か所に集約し、FAIR(Findable=見つけられる、Accessible=アクセスできる、Interoperable=相互運用できる、Reusable=再利用できる)かつセキュアに管理可能です。

治験を成功へ導き、患者の命を救う医薬品をより早く提供するため、データに基づいたGo/No Goの早期判断を進めましょう。

詳細
The Full Power of Multi-Omics. Unlocked.

マルチオミクス
利用価値の最大化

ハイスループット技術は医学研究に革命を起こしてきました。現在では、変異や染色体異常、遺伝子発現レベルの検出を目的に、多くの方がゲノミクスやトランスクリプトミクスのプロジェクトを進めているでしょう。あるいは、注視する患者コホート群のDNAメチル化やヒストンアセチル化などのエピゲノム変化を調査している方もいるかもしれません。

次世代シーケンス(NGS)、免疫組織化学(IHC)、マイクロアレイ、質量分析(MS)、その他オミック技術を使ったトランスクリプトミクス・プロテオミクス・エピゲノミクス・メタボロミクス・マイクロバイオミクスなど、手法は多岐にわたりますが、Genedata Profilerはこれら全てに対応しています。マルチオミクスデータはあなたの研究を劇的に進める可能性を秘めています。臨床データとセキュアに統合し、その価値を最大まで高めましょう。

詳細

データを価値ある科学的知見に

製品デモをご希望の方