該当箇所へ

ディープラーニング駆動  
の画像解析

HCS、標的分子同定、iPSCスクリーニング… 
実験結果を最大限に活用できる 
エンタープライズソフトウェアソリューション

詳細

ハイコンテントスクリーニング、標的分子同定、in vitroヒト組織モデル、
ディープラーニングに基づく画像解析…
Genedata Imagence®で解析の未来へ一歩踏み出しましょう。

複雑な解析からシンプルな解析へ:
iPS細胞スクリーニング、細胞ペインティング、MoA…

ディープラーニングは、プライマリースクリーニング~ヒットバリデーション~治療標的同定~毒性試験を含む全ての創薬開発ステージの画像解析に適用できます。Genedata Imagenceを使用すれば、創薬開発の解析効率の向上、ならびに新たな表現型や作用機序(MoA)の有益な情報を得ることもできます。単一のマーカーを標的としたハイコンテントスクリーニングから、複数のパラメーターを測定する細胞ペインティング、iPSC・CRISPRスクリーニングまで、幅広いアッセイで活用可能です。

High-Content Screening

ハイコンテントスクリーニング:
早期の候補化合物選定、ADME-Tox

表現型スクリーニングとしてのハイコンテントスクリーニング(HCS)では、細胞そのものを用いたスクリーニングを実施できることで、標的ベースの実験では見逃していたようなリード化合物を見出すことができます。HCSは強く候補化合物の生化学的な特性を反映するため、毒性試験にも使用されます。ハイコンテントアッセイは基本的に複数のパラメーターを複雑な画像データセットから読み取るため時間と労力がかかりますが、ディープラーニングによって大幅に効率化することが可能です。しかしながら、ディープラーニングの活用には分野に特化したアルゴリズムの専門知識が必要になります。

Genedata Imagenceはこの課題を解決し、HCSによる候補化合物の早期発見や毒性試験において、研究者が容易にディープラーニングを活用できるよう支援します。

  • パラメーターの調整など時間と労力のかかる画像解析の条件設定を自動化することで、アッセイ構築を高速化
  • 単一のマーカーでも、共培養系や複数パラメーターのアッセイ系などの複雑なものでも、表現型を迅速に分類 - 結果をすぐにGenedata Screenerで確認
  • 複数のランの結果に対しバイアスなく再現性のある同一の解析条件を適用
Genedata Imagence Review Images

標的分子同定とバリデーション:
作用機序解析

表現型アッセイの大きな強みは、新たな表現型とそれが現れた機序(MoA)を調べることで、新たな標的分子を見出せることです。これらの標的分子は、その後さらに標的ベースのスクリーニングで詳しく調べることができます。

  • 生データの画像を同じ画面で参照しながら直感的な可視化ツールで新たな表現型を捉え、作用機序が既知の他の化合物による表現とその類似度を評価
  • Cell Paintingなど標的に依存しないマルチプレックスアッセイを迅速に解析
  • RNAiや過剰発現、CRISPR技術などで誘導した遺伝的な変化と細胞の表現型の関連を通して作用機序(MoA)を調べ、標的分子のバリデーションを実施
Genedata Imagence Similarity Map

細胞株やiPSCスクリーニング

ヒットバリデーションあるいはより早期の創薬開発ステージでも、細胞株パネルにおいて新薬候補の様々な効果の可能性を調べることは重要です。患者の生物学的条件により近い患者組織由来の細胞モデルを実施することも急速に普及しつつあります。これらは重要である一方で、資源集約的なアッセイであり、貴重なサンプルが必要で、アッセイ構築に高いコストがかかります。Genedata Imagenceは、このようなケースでデータが限られている場合においても有用です。

  • 異なる治療モダリティを扱った複数のキャンペーンから有益な情報を取り出し、患者特異的な効果を判別
  • 貴重な研究リソースを節約し、解析系やアッセイ構築の時間を削減

最先端のプラットフォームを活用

ソフトウェア