該当箇所へ

革新的バイオプロセス     
プラットフォーム      

バイオプロセス開発のために設計された
エンタープライズソフトウェアソリューション 

詳細

Genedata Bioprocess®は、バイオ医薬品の開発を支援するワークフローのテンプレートが組み込まれているのはもちろんのこと、会社独自の発現・精製プロトコールや解析技術に合わせたワークフローも柔軟に構成可能です。

拡張性

Genedata Bioprocessは、全てのラボ機器と直接統合し、データ転送・収集を自動化します。バイオファーマの企業規模に関わらず利用でき、コスト効率の高い次世代バイオ製造プロセスのデザインに貢献します。また、バイオプロセス開発ワークフロー全体の標準化、コミュニケーションや業務引継ぎの円滑化、そして全てのプロジェクト情報へのリアルタイムアクセスも実現します。Genedata Bioprocess導入により生産性が3倍に増加した企業もあります。

汎用性

Genedata Bioprocessは、導入後すぐに利用可能な真のoff-the-shelfプラットフォームです。CLD ・USP・DSP・製剤・分析などバイオプロセス開発に関わる業務は全てプラットフォームに組み込まれており、手間やコストのかかるテンプレート開発は不要です。また、サンプル名やパラメーター項目のカスタム設定、ラボオートメーション設備との統合など、各組織固有の要件に合わせて設定することも容易です。

統合性

Genedata Bioprocessは、APIによってどのようなIT環境ともシームレスに連携できます。RESTful Webservicesにより、どのような組織のIT環境であっても、Genedata Bioprocessとの安全性・透明性・機能性の高い統合を保証します。一元管理されたパブリックAPIによって、企業ERPやデータウェアハウスなどのIT基盤と直接連携できます。シンプルかつ柔軟性の高い統合機能で各組織固有の統合要件を満たします。

連携性

Genedata Bioprocessは、バイオリアクター、精製機器、解析デバイス、自動分注ロボットなど、どのようなラボ機器とも容易に連携できるオープンなシステムです。これにより、全ての機器のデータを自動的に収集・転送し、手動によるデータ入力を削減あるいは完全に排除することで、プロセスの効率化と入力ミスの削減を実現します。また、GenedataのReady-to-Run™プログラムは、大手メーカーのラボ機器とのシームレスな統合を保証します。

バイオ医薬品開発を加速

製品デモをご希望の方