該当箇所へ

理想的な創薬・開発へ

バイオ医薬品の研究開発プロセス全体におけるデータ処理・解析・レポーティングを統合する唯一のE2Eプラットフォーム

詳細

Genedataの顧客であるグローバルバイオファーマは、20年以上Genedataとパートナー関係を続けています。中でもトップ100のバイオファーマにおいては、Genedata Biopharma Platformが研究・開発・製造の全段階をサポートしています。

データ解析システム

Genedataのデータ解析システムは、バイオ医薬品研究開発における膨大かつ複雑なデータに主眼を置いています。ユーザーは、解析プロセスに組み込まれた高度な専門技術を活用することで、面倒なデータ管理や処理に煩わされることなく、結果の解析に集中できます。

  • EXPRESSIONIST

    質量分析(MS)機器を用いた特性解析ならびに品質モニタリングのワークフローを統合し、バイオ医薬品の質量分析を向上
     

  • IMAGENCE

    アッセイ担当者自身が深層学習(DL)技術を最大限に活用し解析時間を短縮することで、HCS画像解析を革新へ導く
     

  • SCREENER

    解析対象拡大や自動化によって複雑なアッセイのデータも含む全スクリーニングデータを取得・解析・管理し、創薬スクリーニングを効率化

  • SELECTOR

    細胞株構築から生物学的安全性評価まで、次世代シーケンス(NGS)の解析・管理業務を効率化し、研究開発を促進

ワークフローシステム

Genedataのワークフローシステムは、研究開発を管理するためのプラットフォームを提供し、全てのチーム・拠点・プロセスをつなぐことで、全ての研究開発ならびにプロセスのデータをいつでもどこでも必要な時にアクセス可能にします。

  • BIOLOGICS

    研究データの管理・解析・ワークフロー支援によって、mAbs、bispecifics、ADC、TCR、CAR-Tなど、バイオ医薬品創薬の変革を実現

  • BIOPROCESS

    バイオ医薬品製造の全過程(生産細胞株構築、上流・下流製造プロセス開発、製剤研究、分析業務)において次世代の製造プロセスを実現

  • PROFILER

    各種オミクス含め多岐に渡る患者データの処理・統合・安全管理・解析利用を可能にし、トランスレーショナル/クリニカルリサーチをサポート

「手動」から「自動」のデータ管理へ

Genedata Biopharma Platformは、社内の各グループ、そして社外のCRO/CMOなど研究開発における分散環境をサポートするためにデザインされています。コラボレーションや情報共有を促し、「手動」のプロセスを「自動」化することでデータ管理にかかる時間を減らし、研究開発タスクにより多くの時間をかけることを可能にします。

Genedataのプラットフォームによってイノベーションのための時間が確保でき、ビジネスに変革をもたらすアイディアが生まれます。

進捗管理、リソース監視、
計画最適化

グループ間・拠点間において全ての研究開発データへ直接アクセスできることで、研究開発全体の効率や質を改善します。

Genedata Biopharma PlatformはプログラムフォーマンスやKPIのリアルタイム調査を可能にし、さらには組織全体のリソース活用を最適化し、コスト削減や全体的な生産性向上へつなげます。

IP保護、データ完全性保証、
コンプライアンスリスク排除

データを保存しアクセスするための安全でセキュアな場所が存在しなければ、研究開発により生まれたIPの価値が失われてしまいます。

研究開発プロセス全体におけるデータ完全性とコンプライアンスを保証する一元的なデータ管理プラットフォームは、リスク削減、法規制要件への対応、ならびにプロジェクト成功の鍵となります。

データを活用、イノベーションを加速

お問い合わせ