該当箇所へ

Genedata Selector 10 リリース

GxP環境下の次世代シーケンス(NGS)の活用に関わるICH Q5A(R2)ガイドラインの最新要件に対応した大型ソフトウェアアップデート

June 18, 2024
Basel, Switzerland

スイス・バーゼル、2024618日-Genedataはこの日、品質管理プロセスを自動化し、高い安全性と効能のバイオ医薬品の提供を加速するEnd-to-endプラットフォームの最新バージョン「Genedata Selector® 10」をリリースしました。

Genedata Selectorは、細胞・遺伝子治療を含むバイオ医薬品の開発・製造過程において重要品質特性(CQA)をモニタリングする上で信頼できる唯一の情報源(Single Source of Truth)を提供し、データ駆動型の意思決定を可能にします。本プラットフォームは、モジュール型アーキテクチャで研究開発および製造プロセスの全工程をつなぎ、分析チームがNGSを用いたアッセイの結果を正確かつ効率的に統合・分析・共有できるようにします。これにより、組織全体において自動化とプロセス標準化が効率化され、FAIR原則(Findable、Accessible、Interoperable、Reusable)とGxPへの準拠が保証されます。

Genedata Selectorは、Nextflowのパイプラインや機能と統合可能なPlaybooksを使用し、ワークフローの自動化に革命をもたらします。今回のアップデートでは、アッセイ開発で利用されるデータ処理ワークフローの開発・テスト・調整を最適化できる最先端のワークフローエディターが追加されました。直感的なユーザーインターフェースにより、研究開発部門と品質管理部門のコラボレーションが促進され、バリデーション済みの環境へのアッセイの導入を加速します。オートメーションエンジンによって、クラウド環境も含めた導入展開のためのエンタープライズレベルの拡張性を実現する新しい方法を提供します。

Genedata Selector 10は、GxPに対応する上で必要な機能を全て標準搭載しており、導入後すぐにGxP環境下への展開が可能です。その上、本ソフトウェアは、米FDAの21 CFR Part 11に準拠しています。ウィザード形式のPlaybooksは、サンプル登録やNGSデータ処理、分析からレポート作成まで、全工程を効率化し、規制当局への申請を簡素化します。GenedataのQAチームは、NGSを用いたアッセイのための標準化・カスタマイズされたバリデーション対応ソリューションの開発において豊富な経験を有しており、多様なプロジェクトの独自要件に応えることができます。また、Genedataはコンピュータ化システムバリデーション(CSV)プロジェクトをサポートするバリデーションサポートサービスも提供しています。

Genedata CEO Othmar Pfannes, Ph.D.は次のようにコメントしています。「最近改訂されたICH Q5A(R2)ガイドライン(2024年1月FDA適用、同6月EMA適用)により、バイオファーマ企業はバイオセーフティー試験において、コストと時間のかかるin vitro/in vivoアッセイの代わりに、NGSを用いることができます。Genedata Selectorは、NGSを用いたアッセイの分析と解  釈を迅速化するだけでなく、各規制にも準拠しています。最新バージョンのGenedata Selector 10は 、バリデーション済みの環境でNGSの利点を活用することで、バイオファーマ組織における費用対効果(ROI)の向上を可能にします。これは、Genedataのミッションにおける重要なマイルストーンの達成を意味します。Genedataは、今後もプロセスの自動化と統合へ投資を惜しまず、カスタマーの皆様がNGSアッセイをGxP環境へ移行し、革新的な治療薬の上市までの時間を短縮できるようサポートし続けます。」

※Genedata Selector 10の製品デモはこちら

About Genedata

Genedata transforms data into intelligence with innovative software solutions that incorporate extensive biopharma R&D domain knowledge. Multinational biopharmaceutical organizations and cutting-edge biotechs around the globe rely on Genedata to digitalize and automate data-rich and complex R&D processes. From early discovery all the way to the clinic, Genedata solutions help maximize the ROI in R&D expenditure. Founded in 1997, Genedata is headquartered in Basel, Switzerland with additional offices in Boston, London, Munich, San Francisco, Singapore, and Tokyo.
www.genedata.com
LinkedIn | Twitter | YouTube

Contact

Allison Kurz
Genedata
Public Relations
pr@genedata.com

Disclaimer

The statements in this press release that relate to future plans, events or performance are forward-looking statements that involve risks and uncertainties, including risks associated with uncertainties related to contract cancellations, developing risks, competitive factors, uncertainties pertaining to customer orders, demand for products and services, development of markets for the Company's products and services. Readers are cautioned not to place undue reliance on these forward-looking statements, which speak only as of the date hereof. The Company undertakes no obligation to release publicly the result of any revisions to these forward-looking statements that may be made to reflect events or circumstances after the date hereof or to reflect the occurrence of unanticipated events.

All product and service names mentioned are the trademarks of their respective companies.


最近改訂されたICH Q5A(R2)ガイドラインにより、Genedata Selector 10は 、バリデーション済みの環境でNGSの利点を活用することで、バイオファーマ組織における費用対効果(ROI)の向上を可能にします。これは、Genedataのミッションにおける重要なマイルストーンの達成を意味します。

Othmar Pfannes, Ph.D.
CEO at Genedata