Genedata Biologics - 業界初、バイオロジクスデータ管理と解析のプラットフォームを、Molecular Med Tri-Con 2011で発表します

業界初であり画期的な本ソフトウェアプラットフォームは、抗体スクリーニングからプロテインエンジニアリング、精製を含むバイオロジクス探索および開発プロセスの自動化、効率化を行います。

San Francisco, Calif., March 10, 2011

本日、創薬・ライフサイエンス研究に対する先進的なソフトウェアソリューションプロバイダーであるGenedata社は、Genedata Biologicsの製品リリースを発表します。Genedata Biologicsは、バイオロジクス研究開発における包括的データ管理及び解析を担う”first-in-classoff-the-shelf”ソリューションです。Genedata Biologicsは、 抗体スクリーニング、プロテインエンジニアリングと製造における、複雑なバイオロジクスリード探索とプロセス最適化の自動化と効率化を行います。研究開発 のワークフローを完全にサポートすることで、製薬・バイオテクノロジー研究組織において、新しいタンパク質を基盤にした治療法の効果的な発見と開発を可能 にします。Genedata Biologicsは、治療用プロテインのダウンストリーム開発・精製において履歴データを供給する為に、全ての関連するバイオマテリアルデータを登録可能にします。Genedata Biologicsは、Genedata社とバイエル薬品株式会社を含む製薬企業、バイオテクノロジー企業と長期にわたり共同開発されたソリューションです。この新しいGenedata Biologicsプラットフォームは、The Molecular Med Tri-Con 2011 (Moscone Convention Center, Feb. 23 – 25 www.triconference.com)にて発表されます。

バイエル薬品株式会社のグローバル バイオロジクス部門の部門長である
Dr. Clive Woodは、こう言いました。”Genedata社と私たちの、バイオロジクスデータ管理プラットフォームの共同開発は大きな成功をおさめました。タンパク質治療の世界における、このような 商用データ管理ソリューションの不足は深刻なものでした。

GenedataCEO Dr. Othmar Pfannesは、こう示しました。タンパク質基盤の治療法は、革新的治療法開発において、ニューフロンティアであり、また、バイオロジクスは、Genedata社がビジネスフォーカスする大きな一つの分野です。Genedata Biologicsには、私達のシーケンスデータ取り扱いに深化した主専門性と複雑な 研究プロセス理解を合わせた専門知識を提供します。私たちは、今日、また将来において、研究者へ革新的なGenedata Biologicsソフトウェアプラットフォームを供給し続け、また、開発・投資を続けていくことを確約します。

バイオロジクス化合物とシークエンス登録の業界初のシステム

Genedata Biologicsは、全てのバイオロジクス研究開発プロセスをサポートする業界初、且つ統合化されたデータマネージメント及び解析プラットフォームです。Genedata Biologicsは複数の異なる研究グループ間の複雑で様々な社内のワークフローをまとめ、分業で行なわれてる作業をサポートします。標準化されたインターフェイスにより、Genedata Biologicsで はドキュメント作成、抗体スクリーニング(ファージディスプレイやハイブリドーマを含む)、クローニング、分子生物、プロテイン発現と精製、分析方法、そ して細胞株の作製等、幅広い研究開発を管理します。また、このシステムは様々な部署や外部のサービスプロバイダー間のデータと物質の譲渡を促進する機能を 提供します。各社特有のインフラストラクチャーやプロセスの組み込みを可能とするビジネスやラボロジックを提供します。

Genedata Biologics Oracle-based Databaseは、バイオロジクス研究開発プロセスと連携し、抗体クローン、ベクター、セルラインのようなバイオマテリアルに関連する全ての情報の管理、参照を可能にします。プロセスの途中で生成された様々な種類のプロテインや核酸のシークエンス情報、そしてアッセイや解析の計測情報(たとえば Biacore,ELISA,FACS情報など)を統合します。モジュール化された構造はR&Dワークフロー全体のソリューションとしてユーザー特有の要求に合います。現在のモジュールは3スクリーニング、プロテインエンジニアリングと最適化、そしてタンパク質精製に使用可能です。

製品デモなどのお問い合わせ、
email:  biologics@genedata.com

About Genedata
Genedata社は、創薬開発及びライフサイエンス研究におけるターゲット探索、バイオマーカー研究に対する先進的なソフトウェアを提供します。世界Top50の殆どの製薬企業、及び、主要な 研究機関で利用されています。Genedata Phylosopher®, Genedata Screener®, Genedata Expressionist®, Genedata Analyst, Genedata Selector, and Genedata BiologicsGenedata Solutionは、研究データの利用、理解、また疾患や健康への科学的研究へ貢献します。Genedata社は、1997年に設立し、本社をスイス バーゼルに置き、日本、ドイツ、アメリカに拠点を持ち、活動します。

Contact
Kaori Moriwaki
Genedata
Public Relations
Phone:  +81 3 3779 3175
kaori.moriwaki@genedata.com

注意
本プレスリリースの情報は、今後の計画、イベント、また、顧客との契約による事象・競合やマーケット要因による事象・製品開発要因における事象・予期せぬリスクによる事象などの記述を含みます。

本プレスリリースにおける情報は、それら不測の事態による修正の可能性を含む旨を考慮し、ご覧下さい。当社は、それら修正される事象からの結果についての改訂の義務は負いません。