該当箇所へ

Genedata Expressionist 日本語ウェビナー:
特性解析から品質管理まで、Multi-Attribute Method
プロセス全体をサポートする統合ソフトウェアプラットフォーム

先日開催したGenedata Expressionist®ウェビナー「A Single End-to-End Platform for MAM」について、ご好評につき、以下の通り日本語で開催いたします。

【日時】2021年11月19日(金)12:30~13:30 日本時間
【参加方法】無料・事前登録制、GoToWebinar(アプリ/ブラウザ)

2019年に初めてMulti-Attribute Method(MAM)プロセスを用いて開発された医薬品の申請がFDAによって承認されて以来、MAMを活用した開発・製造プロセスの効率化を目指すバイオファーマが年々増加しています。Genedataは、初期からのMAMコンソーシアムメンバーとして、バイオ医薬品業界におけるMAMアプローチの導入を主導してきました。これまでの実績や領域における知見・専門性を活かし、パートナー企業と緊密に協力しながらGenedata ExpressionistのMAM機能の開発を続けることで、MAM導入時にファーストチョイスのソフトウェアとなるよう努めてきました。

Genedata Expressionistは、単一のソフトウェアプラットフォーム内で、詳細な特性解析から重要品質特性モニタリングまでのMAMプロセス全体をサポートしている唯一のソリューションです。本ウェビナーでは、MAM機能をさらに拡げる、新たな自動化品質モニタリングアプローチをご紹介します。

主なトピックス
  • CQAモニタリングの自動化のための全く新しいソリューション
  • 開発から製造、そしてQCへのシンプルで効率的なメソッドトランスファー
  • MAMプロセス全体の自動化を実現する上流下流工程のデータ統合
スピーカー
  • ジーンデータ株式会社 Scientific Account Manager 平田 直彦
    関連キーワード
    • バイオ医薬品、特性解析、品質管理、QC、品質モニタリング、重要品質特性、CQA、質量分析、MS、自動化、デジタルトランスフォーメーション、Dx

    日本語
    November 19, 2021, 05:30 CET

    登録