該当箇所へ

サイエンス、
アライアンス、
パートナーシップ

コラボレーションは GenedataのDNAの一部です。継続的なイノベーションの提供を可能にし、パートナーならびにGenedataのROI改善にもつながります。ぜひGenedataとのコラボレーションをご検討ください。

詳細

Genedataの顧客:未来を見据えた世界的リーダー

世界中の多くの大手バイオファーマ企業、農業・産業バイオテックノロジー企業、アカデミック研究機関がGenedataとコラボレーションをしています。

ご関心をお持ちですか?

ご提供可能なソリューションのご紹介、ならびに貴組織の将来のニーズについてのヒアリングをさせていただきます。

お問い合わせ

アライアンス

Genedataは、拡張性がありオープンで業界要件に沿ったソリューションの提供に努めています。この方針の一環で、顧客の主要なボトルネックを解消する特化型ソリューションを開発・提供するため、先進的なライフサイエンス企業とアライアンス(事業提携)を結んでいます。

研究開発ワークフローにおいて日常的に運用される多種多様なシステムの統合は顧客のボトルネックの一つであり、その解決のためにGenedata Ready-to-Runプログラムが存在します。本プログラムは、重要なワークフロー用の各機器・ソフトウェアを統合し、異なるシステムをシームレスに接続することを目的としています。それによりオペレーションの設置や拡大の際に発生する時間と手間を省くことができます。

パートナー

BMG LABTECH社は革新的、高品質、そして信頼性の高いマイクロプレートリーダー機器の大手グローバルメーカーです。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

Bruker社は生命と物質を探索する高機能な分析機器や分析診断ソリューションを提供しています。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

ChemAxon社はバイオテクノロジー業界や製薬業界へソリューションを提供する化学・生物学ソフトウェア開発企業です。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

Creoptix AG社は分子間相互作用のラベルフリー解析向け光学装置や消耗品に特化しており、ライフサイエンス研究ならびに創薬業界における最上級の感度を誇ります。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

HighRes Biosolutions社は製薬企業やバイオテック企業、アカデミック研究施設で使用されている革新的なロボットシステムやラボラトリー機器を設計・製造しています。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

Illumina社はがん研究から農業まで、幅広い分野へ遺伝的変異や機能の解析向けシーケンシングならびにアレイベースのソリューションを提供しています。

Insilico Biotechnology社は生細胞の模擬実験向けソフトウェア・サービスを提供し、製造コストや上市までの時間を大幅に減らします。

Labcyte Inc.社は個別化医療プログラムの強化、DNA/RNA診断テストの効率化、創薬パイプラインの最適化、そしてライフサイエンス研究の加速を可能にします。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

LECO社は、少ないリソースでより多くの仕事を求められる状況に直面している顧客のラボ環境からストレスや不満を取り除きます。

Molecular Devices社はライフサイエンス研究、製薬、バイオ医薬品開発におけるタンパク質や細胞生物学向けの革新的なバイオ解析ソリューションを提供しています。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

Nanion社はイオンチャネルや起電性トランスポーター、興奮性細胞の解析向けに革新的で高性能な機器を提供しています。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

PerkinElmer Inc.社は顧客がよりスマートな判断、早期の診断、効果的な治療、そして科学的新発見ができるよう手助けしています。

QIAGEN Bioinformatics社はユーザーがイノベーション、統合、そして基礎的発見を臨床診療に転換できるよう支援しています。

Sartorius Stedim Biotech社はバイオファーマ産業におけるトータルソリューション提供企業です。Ready-to-Runプログラムにおける、Genedataとのパートナーシップの詳細はambrForteBioIntelliCytMODDEをご確認ください。 

SCIEX社は質量分析のグローバルリーダーとして世界標準のサービスサポートを提供してきたことで、世界中の何千もの科学者や分析担当者の信頼できるパートナーとなっています。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

SPT Labtech社はコラボレーション、深い専門性、そして世界最先端のエンジニアリング技術を通して研究を加速させます。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

Thermo Fisher Scientific Inc.社はライフサイエンス研究の加速、複雑な分析課題の解決、患者診断の改善、上市、ならびに研究所の生産性向上を支援しています。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

Titian Software社は重要な研究プロセスへのサンプル(化合物、生物学的製剤、試薬)供給の改善をサポートするソフトウェア製品やコンサルティングサービスを提供しています。Ready-to-RunプログラムにおけるGenedataとのパートナーシップの詳細はこちらをご確認ください。

コンソーシアム

Genedataは世界中のメディカルリサーチにおける喫緊の課題の解決をサポートするため、トキシコロジー、オンコロジー、そして循環器領域の研究組織とパートナーシップを締結しています。

BaSysBio (FP6), the Bacillus Systems Biology consortium, represented an integrated systems biology project involving 15 research organizations from nine European countries, studying the global regulation of gene transcription in model bacteria.

BioCop (FP6) was constructed to supply regulators, consumers and industry with long-term solutions to the complex problems associated with chemical contaminant monitoring of foodstuffs.

carcinoGENOMICS (FP6) developed in vitro methods for assessing the carcinogenic potential of compounds.

CVgenes@target (FP7) exploited genomic variants affecting coronary artery disease and stroke risk for therapeutic intervention.

diXa (FP7) established a data management infrastructure for capturing and integrating all (publicly available) toxicogenomic data sets.

EpiFemCare (FP7) was an oncogenomics project to develop a blood based diagnostic test for early detection of breast and ovarian cancer, based on epigenetic markers.

ERANet PathoGenoMics (FP7) used a systems biology approach to investigate the role of small non-coding RNA (sncRNA) in infectious diseases. ERANet provided novel targets for diagnostics and therapy of the five major high-risk gram-positive human microbial pathogens: Staphylococcus, Streptococcus, Enterococcus, Clostridium, and Listeria.

EuRhythDia (FP7) studied chronotherapeutic lifestyle intervention for diabetes and obesity to reset the circadian rhythm and improve cardiometabolic risk in the European working population.

EXPOsOMICS (FP7) aimed to develop a novel approach to the assessment of exposure to high priority environmental pollutants by characterizing the external and the internal components of the exposome.

FRISYS, the Freiburg Initiative for Systems Biology, focused on modeling and systems analysis of signaling processes in growth and differentiation in human cells and a number of model organisms.

FUNGITECT was a European consortium dedicated to improving the treatment of invasive fungal diseases via individualized anti-fungal drug therapies.

GOBI (General Optimization of Biogas processes) was an interdisciplinary biogas research consortium to improve the overall efficiency of biogas production.

HeCaToS (FP7) aimed at developing integrative in silico tools for predicting human liver and heart toxicity. 

HepatoSys, an interdisciplinary initiative by leading German research centers, aimed to understand the physiology and pathophysiology of the human liver cell using a systems biology approach.

HUMAN (FP7) aimed at the functional validation in animal and cellular models of genetic determinants of diseases and aging processes.

INCA (FP6) investigated the role of chronic viral infections in the development of cancer.

InnoMedPredTox (FP6) aimed at reducing key bottlenecks in the R&D process searching for markers to predict the toxicity of drug candidates.

Kluyver Centre for Genomics and Industrial Fermentation was a joint industry and academic consortium that applied genomics technology to improve industrial fermentation.

MedSys was a multidisciplinary project steered by leading German research centers to identify novel targets for diagnostics, patient risk assessment, and therapy of infectious disease caused by the opportunistic fungal pathogen Candida albicans.

MOD-ENP-TOX (FP7) aimed to develop a novel and generic Modeling Assay Platform (MAP) which can be used as a risk indicator tool to predict the toxicity of metal-based nanoparticles (MeNPs).

NewGeneris (FP6) investigated the role of prenatal and early-life exposure to genotoxic chemicals present in food and the environment in the development of childhood cancer and immune disorders.

NTC (Netherlands Toxicogenomics Centre) used toxigenomics to develop tests that require fewer laboratory animals or cause them less inconvenience, and may eventually replace animal tests completely by in vitro assays using animal or human cells.

PROLIGEN (FP6) consortium studied the regenerative capacity of injured kidneys using information derived from genomics, proteomics, and functional genomics.

SysMAP: Founded and coordinated by the leading specialty chemicals producer Evonik Degussa, the SysMAP consortium exploited novel experimental and computational methods to probe the biological mechanisms underlying industrial fermentation.

あなたも Genedata パートナーに

お問い合わせ